2006年03月10日

個人向け国債は買いか!?

来る3月13日より、個人向け国債の募集が始まります。

従来、個人向け国債は10年満期の変動金利の商品しかありませんでしたが、前回12月の募集より5年満期の固定金利商品が加わり選択の幅が広がりました。

この新型国債。
前回募集時の人気は凄まじいもので、郵便局では発売初日わずか5分!で完売したそうです。

今回は、10年物の利率は0.85%
5年物の利率は本日決定し1.01%と発表されました。

前回以上の人気を集めそうな気配ですね。

てなわけで今回はこの個人向け国債についていってみましょう!


◆個人向け国債のメリット

・安全性が高い
 政府が元本、利息とも全額保証しています。「日本政府がおかしくなったどーなるの?」ってな意見も無きにしもあらずですが、こんな時は日本円自体の価値が危ぶまれる非常事態です。それでも心配な方は「金」でも持っておくしかないですね。

・万が一の場合に中途換金が可能
 後で述べるデメリットもあるのですが、10年満期の国債では1年経過後、5年満期の国債では2年経過後であれば中途換金もできます。

・1万円から購入が可能
 これは定期預金でも同じなのですが、普通の定期預金と決定的に違うのは利息です!
通常、定期預金の利息は預け入れ金額が多ければ多いほど利率が高くなる傾向があります。
ところが、個人向け国債の場合、最低購入単位である1万円でも1000万円でも利率は同じです。定期預金と個人向け国債を比較検討している方は、この点を頭にいれておくとよいでしょう。


◆個人向け国債のデメリット

・満期が長い
 メリットでも述べたように最悪途中換金は可能です。しかし、その場合利息を諦めなければなりません。10年満期の国債では直前1年分(税引前)の利息、5年満期の国債では直前2年分(税引前)の利息が差し引かれてしまいます。


このように安全性が高く比較的利回りがよいといったわけで人気となっている個人向け国債。

 しばらく寝かせておいても構わない
 元本確保!利息もそこそこ欲しい!
ってな場合に最適な資産運用方法といえましょう。

もし、5年未満の短期で同じような商品をお探しであれば、先にご紹介した泉州銀行の定期預金の方ががおすすめです。


10年満期にするか5年満期にするかは、
将来の資金需要将来の金利の読み方次第と言えましょう。

「金利上昇局面では変動金利商品がよい」というセオリーから言うと、10年間寝かせておいても構わないのであれば、変動金利の10年満期の方が賢明かもしれませんね。


さて、ここまでで「今度個人向け国債を買ってみよう!」と決心している方。
あとはどこで買うか決めるだけです。

banner_02.gif
続きを読む
posted by パンチョレロ at 15:23| Comment(21) | TrackBack(1) | 債権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

税金を取り戻そう!Part4

さてさて、確定申告ネタ最終回の今回は、住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)定率減税についてです。

《住宅借入金等特別控除》
 通称「住宅ローン減税」などと呼ばれている住宅借入金等特別控除は、控除を受ける最初の年は確定申告が必要とされています。従って、2年目以降はなにもしないでOKです。
 
 但し、「合計所得額が3000万円以下」という条件があるので、例えば「満期保険金を受領した」など臨時の所得があったために、たまたま所得が3000万円を超えてしまった場合には控除を受けることができないので申告が必要です。ご注意を。


平成17年の住宅ローン減税の概要は次のとおりです。

・平成17年12月31日までに居住を開始
・合計所得金額が3000万円以下
・住宅の床面積が50u以上あり自ら居住すること
・金融機関などからの償還期間10年以上で借り入れた住宅ローン

・控除期間は10年間
・控除率は、1〜8年目 1.0%
       9〜10年目 0.5%
・対象借入金は4000万円まで

年々縮小されているとは言え、まだ最大で360万円の控除が受けられるのです。 
要件が当てはまる人は必ず利用しましょう!


《定率減税》
 さて、最後に定率減税です。これは、通常計算して算出した本来収めるべき税金のうち20%(最高25万円)を控除してもらえるというありがた〜い制度です。

 サラリーマンの場合、年末調整を経て自動的に定率減税がなされているわけですが、最高25万円というところを忘れてはいけません!

 特定口座で源泉徴収される株式の譲渡所得などは、この定率減税の恩恵を受けていないので、申告すればいくらかでも戻ってくる可能性があるのです。

 特に株でかなりの利益を出したような人は要注意ですぞ!

 しかしこの定率減税、来年の確定申告では減税額が10%(最高12.5万円)に縮小。再来年には完全廃止という悲しい決定がされています。

 というわけで定率減税をフル活用できるのは今年が最後です。思う存分利用しようではないですか!


最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事読んでおいてよかった!と思われた方は愛の1クリックお願いします!
banner_02.gif
 



posted by パンチョレロ at 10:12| Comment(1) | TrackBack(1) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

税金を取り戻そう!Part3

2月16日から確定申告が始まりました。

3月15日までが期限となっていますので、申告が必要な方&還付を受けられる人は期限間近になると混雑するので早めに済ませてしまいましょう!


さて、3回目の今回は減税を受けられるその他の要件のうち主なものを取り上げてみます。

これらは、サラリーマンでも別途確定申告をしないと税金を返してもらえないので、あてはまる人は忘れずに確定申告をしておきましょう!!

 

《医療費控除》
 本人や生計を一にする配偶者・親族について支払った医療費が一定額を超えている場合、その超過部分について所得の控除を受けられます。

 一定額とは、@10万円かA総所得の5%のいずれか少ない額となっています。
例えば、総所得が400万円の人は、@10万円と、A400万円×5%=20万円を比べてみると@の10万円の方が少ない額となりますので、10万円を超える医療費を支払っていれば、その超過部分は減税の対象となります。

 なにはともあれとりあえず10万円と覚えておきましょう

 ちなみに、医療費とは医者にかかった費用や薬代が主なところですが、健康診断やメガネ・コンタクト、健康増進のための医薬品は含まれませんので注意が必要です。

 あと、控除を受けるには領収書が必要なので捨てないでとっておく習慣をつけておきましょう。


《雑損控除》
 災害、盗難により生活用資産などに損害を受けてしまった人は税金の控除を受けられます。

 台風や地震で家に損害を受けてしまった場合などが当てはまりますが、例えば高価な腕時計を盗まれてしまった!なんて場合は、生活用資産の損害とは認められないので控除は受けられません。

 個別具体的な事例は税務署や税理士に相談してみた方がよいでしょう。


《寄付金控除》
 寄付金のなかでも特定寄付金と呼ばれるものは控除を受けることができます。国や地方公共団体、日本赤十字社、社会福祉法人などに対する寄付が対象となりますが、詳しくはこちらをご覧下さい。


さてさて、ちと長くなってしまったので、定率減税と住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)については次回まとめてご説明しましょう。


最後までお読みいただきありがとうございます!
また次回も読んでみてもいいかな!と思われた方は1クリックお願いします!
banner_02.gif
posted by パンチョレロ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(4) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

税金を取り戻そう!Part2

さて、具体的な手続きです。

前回にも書いたように、税金の還付は自ら申出をしない限り税務署が積極的に返してくれるということはありません。

確定申告をすることによって、初めて税金を還付してもらえるので是非自分でやってみましょう。


《サラリーマンが退職した場合》
 通常、サラリーマン(給与所得者)は12月の給与支払時の年末調整により各種の控除を受けられます。これによって払いすぎていた税金を12月分の給与で調整をするのです。

 年末調整では社会保険料(年金保険、健康保険)生命保険料(生命保険、個人年金)損害保険料(火災保険、旅行傷害保険など)証明書を添付して各々の支払額を所得から必要経費として控除してもらいます。

 これは確定申告をする場合でも同じです。上記証明書と退職時に交付された源泉徴収票添付書類として必要になりますので、申告書に添付して提出します。

今年の確定申告から、年金保険についても納付証明か領収書が必要となりましたので注意が必要です。

 申告書は税務署に行けばもらえますし、タッチパネル式の機械に入力してプリントアウトして作成することもできます。

 記入方法がわからない人は税務署に行けば教えてもらえます。自分で作れる方は国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で金額等を入力してプリントアウトして作成するのが簡単でしょう。申告書は、税務署に直接提出しても郵送でも受け付けてくれます。


さて、今回はサラリーマンが退職した場合についての確定申告を取り上げましたが、次回はサラリーマンもそうでない人も、全ての人がある一定の条件さえ備えていれば税金を返してもらえるものについて説明をします。

住宅ローン減税医療費控除などがこれにあてはまります。


最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事ちょっとためになった!と思われた方は1クリックお願いします!
banner_02.gif

《参考資料》
 確定申告特集ページ





posted by パンチョレロ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(5) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

税金をとり戻そう!

ぼちぼち確定申告(2/16〜3/15)の時期が近づいてきました。

サラリーマンなどの給与所得者にとって、「確定申告なんて関係ねぇや」と思うかもしれません。

 が、そうとも限りません!

確定申告は、ただでなくても払いたくない税金を取り戻す千載一遇のチャンスなのですぞ。


そもそも給与所得者は、所得税を源泉徴収という形で予定額を予め天引きされています。

予定額の天引きであるため、正確な納税額は12月分の給与支払時に年末調整という形で調整を行います。
この時、税金を多く納めすぎていれば返してもらえます。
12月の給与明細が普段よりも多かったりするのはこのためです。


しかし、この年末調整を受けていない人や、その他もろもろの条件が当てはまる人は、来るべき確定申告によって払いすぎた税金を取り返すのです!!
国は自主的に返してはくれません!
なにもしなければ取られ損ですぞ!


ただし!
どんな人でも確定申告により必ず税金を返してもらえるかというとそういうわけでもありません。

具体的には、次のような人があてはまります。
会社勤めを辞めた人
住宅ローンを使って新たに住宅を購入(建築)した人
災害、盗難などにより被害を受けてしまった人
高額な医療費がかかった人
株で儲けた人(特定口座を開設し源泉徴収を選択した人)
寄付をした人

それぞれの具体的な内容、計算方法などについては、次回以降詳しく説明したいと思います。
参考にしてみてください。
払いすぎた税金を少しでも多く取り返しましょう!

 お得な情報!賢く貯金!

最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事ちょっとおもしろいね!と思われた方は1クリックお願いします!
banner_02.gif

《参考資料》
 国税庁ホームページ
 税務署所在地
posted by パンチョレロ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

図書館利用のススメ

すっかりご無沙汰をしてしまいました・・・


さてさて、初回にも書いたようにお金を貯めるには、
 @収入を増やす
 A支出を減らす
これ以外方法はありません。

今回はそのうちAの節約編です。


本、雑誌。
CD、ビデオ、DVD・・・


「これらなしでは生きてゆけない!」ってな人もいませんか?

でも、これらの物どうしてますか?

買ってはみたものの、一度読んだ(見た)っきりであとは「棚の中」ってなことはありませんか?

 もったいない!&資源の無駄使い!です。

こんな時、私は図書館の利用をオススメします!

続きを読む
posted by パンチョレロ at 21:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

賢い外貨預金の選び方は? Part2

外貨預金 私のオススメ商品のご紹介の前にもう少し。

 外貨預金は金利だけで選んではいけません!

と言ったのですが、このことの意味は、

もちろん金利も重要だけれどももっと重要なのは為替手数料為替相場なので、金利だけをみて商品を決めてしまうのは危険ですよ、と言っているのです。

もちろん、「将来今より円安になるはずだから長期保有しよう!」ってなヨミをしている人は別ですが・・・


銀行の外貨預金キャンペーンなどをみると、金利12%などといった夢のような数字が書いてあって目がくらくらしてきます。

 でも、こんな高金利がつくのはせいぜい1ケ月なんです!

その後は自動継続となり通常の金利に戻ってしまいます。

そうやってシコシコかせいだ金利なんて、為替の変動でいっぺんに吹っ飛んでしまうくらいの金額にしかならないんです。

今の外貨預金は金利で稼ぐよりも、為替差益で稼ぐのです。


こう考えると、円高時に外貨を購入し円安になったらすかさず売ってしまう!ってなゲリラ戦法(?)をとるには為替手数料が安いってことは超重要なのデス。

てなわけで、私のオススメ商品はこちらです。

続きを読む
posted by パンチョレロ at 15:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 外貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

賢い外貨預金の選び方は?

各銀行のキャンペーンなどで高金利を売りにした商品が数多くみられるのですが、外貨預金ではなんといっても為替リスクを考えないわけにはいかないでしょう。

 外貨預金は金利だけで選んではいけません!

では、なにを基準にするのか?

これは、できるだけ為替手数料の安いものを選ぶことです。


例えば今はやりの株のネット取引との比較で考えてみます。

ネット証券会社(楽天証券の場合)を利用して、50万円で株を買って即日売却すると手数料が525円かかります。

この手数料の売買価格に占める割合を計算すると、0.105%(525円÷50万円×100)となります。

これを、為替相場が1ドル=110円の時に米ドルを購入して売却する場合を考えます。
為替手数料は1円だとすると、売りと買いで往復2円の手数料がかかります。

この手数料の売買価格に占める割合を計算すると、1.818%(2円÷110円×100)もかかることになります。


どうですか?
外貨預金が手数料の高い商品であることがおわかりいただけたのではないでしょうか?

ですから、外貨預金はできるだけ為替手数料の安いものを選ぶことです。


そして何よりも大事なのは、円高の時に外貨を購入する!ということですね。

外貨預金を購入する時のポイントは次のとおりです。
 ・為替相場
 ・為替手数料
 ・金利

以上をクリアする私のオススメ商品は次回まとめてご紹介することにします。

この記事まあまあじゃん!と思われた方は1クリックお願いします!
人気blogランキングへ
posted by パンチョレロ at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 外貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

定期預金の「金利」気になりませんか?

近々使う予定があるまとまったお金。

例えば、「車の購入資金」や「住宅購入の頭金」、「教育資金」etc.・・・

どこに預けておくか迷ったことはありませんか?

銀行の普通預金定期預金は安全性は高いのですが、金利はまったく期待できません。
かと言って、少しでも利回りの高い商品にすると必要な時にお金を引き出せないなんて事になりかねません。

結局、銀行の普通預金に預けっぱなし、なんてことになりませんか?

 もったいないです!

世の中「低金利」とはいえども少しでも有利な運用をしなければなりません。

近々使う予定があるまとまったお金、こちらを運用する時のポイントは次のとおりです。
 ・金利
 ・換金性・利便性
 ・安全性

以上をクリアする私のオススメ商品はこちらです。

ここまでで、この記事悪くないじゃん!と思われた方は1クリックお願いします!
人気blogランキングへ

続きを読む
posted by パンチョレロ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 定期預金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

お金欲しい!

金の亡者じゃないんです。

でも、お金は欲しい!


究極的にお金を貯める方法は2つだけ・・・

 収入を増やす

 支出を減らす

これだけなんです。当たり前のことですが・・・


でもこれで終わっちゃしょうがない。

自らが実践してこれは! と思った方法ベスト100を紹介してみます。

他にもっと良い方法があればぜひ教えてくださいね!
posted by パンチョレロ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。