2006年02月24日

税金を取り戻そう!Part4

さてさて、確定申告ネタ最終回の今回は、住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)定率減税についてです。

《住宅借入金等特別控除》
 通称「住宅ローン減税」などと呼ばれている住宅借入金等特別控除は、控除を受ける最初の年は確定申告が必要とされています。従って、2年目以降はなにもしないでOKです。
 
 但し、「合計所得額が3000万円以下」という条件があるので、例えば「満期保険金を受領した」など臨時の所得があったために、たまたま所得が3000万円を超えてしまった場合には控除を受けることができないので申告が必要です。ご注意を。


平成17年の住宅ローン減税の概要は次のとおりです。

・平成17年12月31日までに居住を開始
・合計所得金額が3000万円以下
・住宅の床面積が50u以上あり自ら居住すること
・金融機関などからの償還期間10年以上で借り入れた住宅ローン

・控除期間は10年間
・控除率は、1〜8年目 1.0%
       9〜10年目 0.5%
・対象借入金は4000万円まで

年々縮小されているとは言え、まだ最大で360万円の控除が受けられるのです。 
要件が当てはまる人は必ず利用しましょう!


《定率減税》
 さて、最後に定率減税です。これは、通常計算して算出した本来収めるべき税金のうち20%(最高25万円)を控除してもらえるというありがた〜い制度です。

 サラリーマンの場合、年末調整を経て自動的に定率減税がなされているわけですが、最高25万円というところを忘れてはいけません!

 特定口座で源泉徴収される株式の譲渡所得などは、この定率減税の恩恵を受けていないので、申告すればいくらかでも戻ってくる可能性があるのです。

 特に株でかなりの利益を出したような人は要注意ですぞ!

 しかしこの定率減税、来年の確定申告では減税額が10%(最高12.5万円)に縮小。再来年には完全廃止という悲しい決定がされています。

 というわけで定率減税をフル活用できるのは今年が最後です。思う存分利用しようではないですか!


最後までお読みいただきありがとうございます!
この記事読んでおいてよかった!と思われた方は愛の1クリックお願いします!
banner_02.gif
 



posted by パンチョレロ at 10:12| Comment(1) | TrackBack(1) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
私のブログで簡単なアンケートを行っています。よろしければ是非ご協力お願い致します。よろしくお願い致します。
http://blog.livedoor.jp/kasegounet/
Posted by mymy at 2006年03月09日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

貯まった!貯まった!お金が貯まった!!誰でもできる簡単節約マニュアル〜ファイナンシャルプランナーが教える節約の掟108〜
Excerpt:  どうも、胃潰瘍なので緑茶も飲めないフルバヤシです。  今回はとっておきのお知らせがあります。  実はこの度、当事務所より新しい商品が販売されることになりました。  その..
Weblog: ブログ「ファイナンシャルプランナーの野望〜降臨編〜」
Tracked: 2006-05-11 11:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。